STONE'S
stonespress-1906-img

STONE'S GROUP 株式会社ストーンズ

〒213-0002 神奈川県川崎市高津区二子5-9-1 TEL:044-865-0055

●株式会社ストーンズアフィット(仲介)

【溝の口店】Tel:044-844-0055【二子新地店】044-829-0055

●有限会社ストーンズ信用保証サービス(保証)Tel:044-833-4114

●株式会社ストーンズ・プラス(サブリーズ)tel:0800-100-5550

●株式会社バード(売買)Tel:044-888-2240

●有限会社ウイングトラスト(仲介FC)tel:03-5451-0033

●株式会社ストーンズ・アップドラフト(仲介FC)tel:044-877-0055

入居してもらうための効果的な施策!!

 不動産賃貸業界で言う「閑散期」のこの時期、空室で悩まれているオーナー様もいらっしゃると思います。空室になる原因は様々ですが、対策を行う前に空室要因を分析し、原因に合った空室対策を行うことが重要です。その中で、入居希望者がなかなか決めてくれない原因の一つに、初期費用があります。引っ越しはしたいが、まとまった金額をすぐに用意できないので、契約に踏み切れない・・・。そんな見込み客には、何かしらの対策が必要となります。
 今回は初期費用がネックで契約までいかない見込み客に、入居に踏み切ってもらう方法を考えていきたいと思います。
 初期費用がネックにならない対策としては、以下の方法が考えられます。
①フリーレント
②敷金・礼金0円
③設備・付帯サービスの充実
④クレジット支払対応

①「フリーレント」
 こちらに関しては今更言うまでもなく、契約に対して訴求効果の高い施策です。フリーレント期間に賃料等は発生しませんが、入居希望者にとってはメリットの高い提案です。
②「敷金・礼金0円」
 こちらもフリーレントと同じく現在では多く見かける対策です。注意点としては、契約時に退去時のトラブル防止のため、清掃費用等の名目で、少なからず担保を確保することが必要です。
③「設備・付帯サービスの充実」
 設備を最新のものに入れ替え満足度を上げたり、付帯サービス(インターネット無料)を提供し、入居後の費用負担を軽減する等の対策です。コストはかかりますが、十分に価値を提供することができれば、競合物件との差別化もできる有効な対策といえます。
④「クレジット支払対応」
 数年前より大手不動産会社で導入が始まり、弊社でも今年の繁忙期を見越し、昨年秋に導入しましたが、初期費用のクレジット支払いについて問い合わせも増えてきており、成約実績も増えています。
また大手不動産検索サイトでも、検索項目に「クレジット支払可能」項目が設けられ、入居希望者は今すぐ手元にまとまったお金がなくても、引っ越しが出来たり、カードのポイントを貯められるといったメリットがあります。

 ①及び②の対策に関しては、すでに多くの不動産会社が実施しており、③の対策に関してはオーナー様の協力や、少なからず費用が必要ですので、即時対策が出来ない場合があります。
そこで今回はすぐにでも実施できる④クレジット払い対応について掘り下げてみます。

 数年前より大手不動産会社ではクレジット決済の導入が始まりましたが、他の不動産会社ではなかなか導入が進みませんでした。その理由としては、「決済手数料(3%~5%台)が発生する」、「専門端末が必要」、「クレジット会社からの入金にタイムラグがある」などがあげられます。しかし、現在では、決済手数料が2%台まで下がっていたり、専用端末が必要無く、翌日に着金されるサービスも出てきています。クレジット支払いが可能になることで、これまで契約に至らなかった入居希望者の背中を押す機会が作れるのであれば導入のメリットは十分あると思います。
 以前はデメリットがあったものも、最近では改善されていることも多いので、多方面にアンテナを張っておくことが重要な時代です。

ストーンズ・アップドラフト

店長 太田 正和

梅雨の大敵!どうする?洗濯物

 こんにちは。ストーンズ・アフィットの平泉です。早いもので入社して4年目を迎えようとしています。右も左もわからなかった私ですが、今では不動産知識も増え、自分自身も楽しみながらお部屋探しのキューピットをやっております!
 さて、6月というと・・そう、梅雨の季節です。正直、私は梅雨が苦手です。せっかくセットしたヘアスタイルは湿気で崩れ、足元は雨で濡れ、お出かけの予定が立てにくいなど、悩みは増えるばかり。中でも一番の悩みは、洗濯物です。梅雨の時期から台風、ゲリラ豪雨が頻発する夏のシーズンにかけては、洗濯物をなかなか外に干せない時期が続きます。今回はそんな洗濯物事情について少しお話したいと思います。
 次のグラフは、マイナビ賃貸が実施した「一人暮らしの部屋で洗濯物を干す場所といえば?」というアンケートの調査結果です。

 この結果を見ると、ほとんどの人が室内に干していることがわかります。一番多いと思っていたバルコニーは何とわずか3%。これは、対象が一人暮らしの入居者へのアンケート結果である側面もありますが、朝が早く夜が遅い単身者は、外に干して外出することに抵抗がある方が多いのも事実です。私も現在一人暮らしをしていますが、休日など日中家にいる時以外は、ほとんど室内に干しています。

 物件の中にはバルコニーが無いお部屋もございます。そういったお部屋をご紹介する際は、もちろんお客様にバルコニーが無い旨をご説明しますが、バルコニーは無くても問題ないと答える方が多い印象です。 
 これらの結果を踏まえると、室内物干し設備は必須設備ともいえます。浴室乾燥機があれば一番ですが、それよりも比較的安価で設置できる「室内物干し」がおすすめです。

 その便利な室内物干しの代表と言えるのが「ホスクリーン」です。普段は小さく収納でき、必要な時だけ引き出すタイプなので邪魔になりません。いくつか種類がありますが、費用はいずれも2~3万円程とお手頃です。外干しですと通行人に見られたり、性別が特定されてしまったりとプライバシーが気になりますが、室内干しであればそういった心配も無く、さらに黄砂やPM2.5、花粉などが気になる時期にもお勧めです。  
 入居者さんにとって嬉しい設備のひとつですので、長く住んでいただけるアピールポイントとして、ご検討してみてはいかがでしょうか?

ストーンズ・アフィット二子新地店

平泉 絵里

加熱式タバコと、現状回復費用負担の関係は?

 近年、利用者が増加している加熱式タバコは、市場全体で21%のシェアを占めるまでに成長しています。従来のタバコに比べ、クロス等へのヤニ汚れや臭いの付着が軽減され、賃貸経営されるオーナー様にとっては、ヤニ汚れによる原状回復トラブルや吸い殻の不始末による火災等のリスクが減るのではないかと言われています。私自身、過去にこれらのトラブルや入居者からのクレーム等を何度も経験しているので、加熱式タバコのトラブル例がないのか気になり調べてみました。

 加熱式タバコ自体が新しいため、現時点では不明確な点も多く、過去の判例や原状回復のトラブル事例がないのが現状のようです。ある弁護士の見解によると「加熱式タバコによる損害賠償は、ヤニによる黄ばみなどが出なければ、通常の原状回復費用と同じものになる。しかし、通常のお部屋より綺麗な状態が保たれていないという実証が得られるのならば、入居者の原状回復費用の負担は少し増える可能性があると思われる。」と述べており、加熱式タバコが一体お部屋にどのような悪影響を及ぼすのかを正確に把握するまでは、結論を出すのは難しいということのようです。
 また、従来では入居者間でタバコのトラブルが起きた場合、退去するのはトラブルを起こした側ではなく大抵被害者側でしたが、加熱式タバコが増えていけば、このようなトラブルは減少することが期待されます。
 今後もリアルな現場からの声やニュース等に注目し、オーナー様の皆様の賃貸経営の参考になるような情報発信を心がけて参ります。

ストーンズ資産管理チーム

主任 加藤 大輔

メンテナンス課からのひと言アドバイス!

『換気のススメ!』

 梅雨から始まり台風シーズンへと続くこの時期は、湿気によるカビの発生などが心配になる方もいらっしゃると思います。カビはダニの発生も助長してしまうので、断固防止したいものです。そこで今回は、お部屋の換気についてのひと言アドバイスです。

 ①換気方法として、窓を開けることは誰でも思い浮かべると思いますが、窓は全開にしないで開けるほうが効果的です。空気の流れが速くなり、空気が部屋全体に行き届くようになります。
 ②換気扇も室内の換気に効果的ですが、雨の日は、外気中の湿気を室内に取り込み形にになり逆効果になってしまいます。
 ③エアコンや除湿器も方法の一つですが、フィルターの掃除をこまめにすることをお勧めします。これを怠ると、機内で増殖したカビ菌をまき散らすことになります。
 ④布団を押入れにしまう時は、スノコを置いてその上に乗せます。こうすると空気の通り道ができ湿気がたまりにくくなります。クシャクシャにした新聞紙をスノコの下に入れておけば、さらに効果がアップします。
 ⑤水槽や観葉植物なども室内の湿気を上げる原因です。どうしても置く場合、比較的風邪通しの良い玄関などに置くことをお勧めします。
 これらを参考にお部屋の換気を上手に行い、この時期をうまく乗り切りましょう!次回をお楽しみに!

ストーンズメンテナンス課 課長

依田 一宏

新人紹介

ストーンズ管理課

上中 麻誉

 はじめまして。2月に新規契約課に配属となりました上中麻誉(ウエナカマヨ)と申します。私は大学進学に伴い熊本から東京へ上京し、大学では経済学を学び、卒業後は中学校教材の編集をする仕事に従事しておりました。
 その後、熊本の実家が貸家業を営んでいることもあり、将来を見据え宅地建物取引士資格を取得。そして、不動産会社の仕事に興味を持つようになり、縁あってストーンズに入社しました。ストーンズでは、想像以上に学ぶことがあることを知り刺激的な日々を過ごしています。
 実際働いてみますと、管理会社は、入居者が安心して快適に暮らせるよう様々な場面でオーナー様とコミュニケーションを取り、社内外連携して迅速にサービスを提供するという責任とやりがいのある仕事であることがわかりました。
 まだまだ未熟な私ですが、一日でも早く戦力になれるよう頑張って参ります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

新人紹介

ストーンズ・アフィット

溝の口店 長谷川 黎

 はじめまして。今年の3月に入社したストーンズ・アフィット溝の口店の長谷川黎(はせがわ れい)と申します。以前は精肉店で働いており、主に肉を捌く仕事に携わっていました。日々仕事をする中で、自分の技術が上がっていくことに、とてもやりがいを感じていました。牛肉・豚肉・鶏肉はもちろん、時にはカエルやワニを捌くこともあり、もう肉なら何でも捌く自信があります!(笑)
 ですが、お客様を接客することはなく、いつしか肉の塊と向き合う日々に寂しさを感じ、次第に肉に語りかけるまでになっていました。
 人と関わることが好きな私はもっと人と関わる仕事がしたい!そう思い、昨年転職を決意し、ストーンズ・アフィットに入社しました。初めての営業職ということで、悪戦苦闘しながら先輩や上司の方々にサポートして頂き、日々頑張っております。
 これからは、自分の提案で一人でも多くのお客様に喜んでもらい、先輩から頼りにされる、そういう仕事が一日でも早く出来るように頑張りますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。

 こんにちは、今期の自然塾で整備班を担当していますメンテナンス課の森勇也です。
 汗っかきな私の天敵は暑さと湿気ですが、もう一つの天敵が「ブヨ」です!ブヨは春から秋の過ごしやすい時期に活発に飛び回り、気温20℃前後の時と雨上がりに大量発生します。農作業に夢中になっていると、気が付かないうちにチクっと刺されてしまい、その後は痒みと戦うことに・・。
 この時期野菜たちはすくすく育つので、私達も暑さや雨に負けず頑張っています!まだまだ小さな野菜たちですが、皆様においしい野菜をお届け出来るよう、心を込めて育てておりますので、是非楽しみにして頂ければと思います!

自然塾メンバー

森 勇也