STONE'S
stonespress-1903img

STONE'S GROUP 株式会社ストーンズ

〒213-0002 神奈川県川崎市高津区二子5-9-1 TEL:044-865-0055

●株式会社ストーンズアフィット(仲介)

【溝の口店】Tel:044-844-0055【二子新地店】044-829-0055

●有限会社ストーンズ信用保証サービス(保証)Tel:044-833-4114

●株式会社ストーンズ・プラス(サブリーズ)tel:0800-100-5550

●株式会社バード(売買)Tel:044-888-2240

●有限会社ウイングトラスト(仲介FC)tel:03-5451-0033

●株式会社ストーンズ・アップドラフト(仲介FC)tel:044-877-0055

人工知能自動応答システム導入!

 2019年の繁忙期もいよいよ大詰めを迎えています。おかげさまで、ストーンズ・アフィットにも連日多くのお客様にご来店頂き、ご成約いただいています。多くのお客様にご来店頂ける事は素晴らしいことですが、繁忙期の不動産会社はとても慌ただしく、ドタバタしている印象を受ける方も多いのではないでしょうか?
 ストーンズ・アフィットでは平日1日の平均来店数は5組前後、土日祝の1日来店者数は20組にも及びます。そして何よりも多いのは電話でのお問合せです。繁忙期では、1日平均の電話本数はなんと100本以上になることも珍しくありません。その中で最も多いのが、仲介会社からの物件の空室確認です。1月から3月は、1店舗1日50本以上のお問い合わせがある日が続きます。

 「会社の電話は3コール以内に出る!」「電話の応対は会社の評価に繋がる」という言葉をよく耳にします。もちろん弊社スタッフもこの点は十分意識して対応するよう心がけていますが、全てのスタッフが電話や接客対応中、ご案内中という状況もよくあります。

 電話に出られないと接客中のスタッフが当然のように電話に出るため離席しなくてはいけません。しかし、よく考えてみると接客をしている最中に席を外すというのはどうなのだろう?会話は途切れてしまい、この状況が何度も続くと、さすがにお客様も気分を害してしまいます。

 「これではいけない!」と思いで、2019年1月より新しいシステムを導入。その名は『スマート物件確認』。このシステムはストーンズ・アフィットが現在募集活動している物件の空室確認・内見方法の有無を人工知能を搭載した自動電話応答システムがスタッフに代わり自動で電話応対してくれるというものです。
 お問い合わせの内容に応じ、直接店舗スタッフへの取次ぎも可能です。さらにこのシステムの優秀なところは、どの物件のお問い合わせが多いのかランキング表示されたり、よくお問い合わせを頂ける仲介会社まで分析してくれるところです。

 今までの業務では、空室確認の電話を受けてから仲介会社へ図面をFAXし電話を終えるまで、およそ3分~5分程掛かっていました。それがこのシステムの導入により、例年では考えられないくらい負担軽減ができ、お客様への接客や通常業務に集中することが可能になりました。

 さまざまな業界がITやAIなどの導入で、これまで人が行なってきた業務を縮小・合理化しています。しかし不動産業界はお客様との会話・案内などを通じ、お客様の気持ちを直接肌で感じて成約につなげていくことが大切です。
 ストーンズグループでは、お客様へのサービス向上を目的に、今後も新しいシステムを積極的に導入して参ります。

これからもドンドン新しいことにチャレンジします!

ストーンズ・アフィット

取締役社長 正木 大

『働き手』と見るか『お客様』と見るか

 外国人を「働き手」と見るか「お客様」と見るか。オーナー様も私ども管理会社も今一度考えなくてはならない状況を迎えています。2019年1月25日に厚生労働省が発表した外国人雇用状況のまとめによると、2018年10月末日時点の外国人労働者数は146万人と過去最多を記録しました。
 2012年は東日本大震災の影響で68.2万人と一時的に減少しましたが、2014年以降は円安や経済好転により増加。企業が積極的に外国人を受け入れていることで、今では日本人の派遣社員数をも上回り、もはや外国人は日本には欠かせない「働き手」となりつつあります。
 ちなみに、146万人という数字は、沖縄県や滋賀県の人口よりも多い数字です。「1県まるごと外国人」と考えるとその規模の大きさがイメージできると思います。そして、今年4月には「改正入管法」が施行される予定で、今後も更に外国人の間口は広がりそうな状況です。一方、日本人の人口は減少の一途をたどり、このままだと2035年には現在より約1110万人減少する見込で、1億909万人となる推計が発表されています。

 この様な社会情勢の中、賃貸業界は今後も借り手市場が続き、良いサービスや価値を提供できない物件は徐々に淘汰されることが予想されます。空室が増えると賃料減額や設備面などのトレンドに流されがちですが、空室状況や金銭的事情によっては、外国人の「お客様」に門戸を開くという「貸し方」を検討されてみるのも一案で、「貸し方」を変えることで収益を改善されたオーナー様が増えているのも事実です。

 業界はこの30年で随分と様変わりしました。私どもストーンズグループも時代に合わせた柔軟な「貸し方」を考え、これまでもオーナー様と共に延べ1000人程の外国人にお部屋を提供してまいりました。
 空室対策にも様々な手段があり、時にはいくつもの対策が必要です。空室でお困りの際には、賃貸を専門に取り扱い、多くのノウハウを持つ当社まで是非お気軽にご相談ください。

空室対策はおまかせください!

ストーンズ資産管理第1チーム

課長 雨宮 徹

今や一つの流行とも言える、話題の『リノベーション』

 近年、インターネットでお部屋探しをする際の選択条件にも「リノベーション」という項目があるように、不動産業界ではとても注目されている空室対策の一つです。

 リノベーションは簡単に言うと原状回復よりも大規模な工事を行い、新築時よりも性能を良くしたり、人気の設備を取り入れたり、人気の間取りに変更するなどしてお部屋の価値を高める改修工事です。

 新築には手が届かないけど、新築同様キレイなお部屋に住みたいという方の希望を叶えてくれるのがリノベーションなのです。

 大家さん側としても、新築を購入するよりも中古購入+リノベーションなら資金面での魅力はもちろん、新築ではなかなか出せない他にはない物件が創り出せます。「長期空室になりがちで大きな変化をもたらしたい」、「限られた予算で自分の理想の空間を創り上げたい」という大家さんには、私は自身を持ってリノベーションをおすすめします。

 私が担当をしている大家さんの中にもリノベーションをして、家賃を上げても直ぐに借り手が見つかり、2部屋、3部屋とリピートされる大家さんが増えています。今回はその中の一つですが、キッチンカウンターにこだわりを持って創り上げたリノベーション物件をご紹介します。

 ストーンズグループでは、デザイナー、工務店、大家さんがこだわりを持って創ったリノベーション物件を数多く取り扱っています。リノベーションをご検討中又はイメージが沸かないからどうしようかと悩んでいるオーナー様!いつでもお気軽にご相談ください!

今、リノベーションがブームです!

ストーンズ・アフィット二子新地店

店長 花部 理絵

『決め手は、担当者を信頼できたこと』

 前の管理会社には、高額な管理費と提案の少なさに不満を持っていました。
 今回管理会社を変更するにあたり8社の管理会社を比較検討の末、ストーンズさんに決めました。もちろん、会社の規模や立地、管理費などの条件を総合的に判断したわけですが、最後の決め手となったのは担当者のメールでした。質問や依頼に対して、非常に丁寧に回答を頂きました。特に感じたのは、一般的なセールストークではなく、私の物件に対して何が出来るのかを自らの言葉で伝えていただき、信頼できる方だなと感じたことを覚えています。

 実際に管理をお任せしてから7ヶ月経ちますが、当初の期待は裏切られていません。また、オーナー担当の方にも密にコミュニケーションをとっていただいており、退去者が出た際の対応なども満足できるものでした。

 他にも、物件の競争力を高めるスマートロックやインターネット速度の向上について提案をいただきましたが、空室が早期契約できたことを考えると、大家としてはリーズナブルな価格で実行できる効果の高い投資だったと感謝いたしております。

 自分のような遠方(東海地方)に住む大家にとっては、管理会社の選定は非常に重要です。そういう意味で、ストーンさんと出会いお任せ出来たことは非常にラッキーだったと思っています。これからも永い関係が続くことを願っております。

川崎市幸区 Hオーナー様

この度、ストーンズグループにヘッドハンティングされました

 はじめまして。2019年1月よりストーンズグループに入社しました石井亮と申します。ストーンズ新聞1月号をお読みいただいた方は、弊社会長の記事でご存知のことと思いますが、私は昨年末までIT企業に務めており、その会社に述べ10年半在籍していました。

 故に、ITに関しては少しばかり知見があるのですが、不動産に関してはピッカピカの一年生です。この原稿を書いている今がちょうど入社してから1ヶ月経った時期なのですが、毎日が新鮮で、日々勉強です。

 ただ、早くも自分が全く別のキャリアを歩んできて良かったなと感じています。なぜかと言いますと、不動産に関しては会長を始め弊社にはプロフェッショナルな社員が多数います。ですので、仮に私が不動産の経験しかなければ現在在籍している社員数である60名+1名の61名分価値しかオーナー様に提供できません。頑張って2人馬力出したとしても62名分です。ですが、幸いにも畑違いのIT企業にいましたので、60名のパワーを1.2倍や1.3倍にできる可能性を感じています。

 これから日本の労働人口が目減りしていく中で、今までと同じ価値、また今まで以上の価値をオーナー様へ提供するためにはITを活用し、生産性を向上させることが必要です。私、石井亮がストーンズグループに入社したことで、そのような新たな価値をストーンズに生み出し、その結果としてオーナー様へ今以上の価値をご提供したいと考えていますので、改めましてよろしくお願いいたします。

「仕事は楽しく!」が信条です。

ストーンズグループ

常務取締役 石井 亮

STONE’S TOPICS

10坪の土地で叶えた賃貸経営!

●10坪のな敷地に2部屋の賃貸住宅!      ●デッドスペースの無いコンパクトな間取り! ●天井高を上げ、広い空間を演出!

 駅徒歩7分、約10坪の狭小地。売却や店舗など、様々なシュミレーション提案の結果、オーナー様のご意向もあり、最終的には賃貸住宅での活用に。狭小ゆえ2階建て計2戸室のお部屋ですが、デッドスペースを無くしたコンパクトな間取りの中に、天井高を上げ広い空間を演出。また、幹線道路に面していることから二重サッシ等で騒音対策を重視したこともポイントです。

場所:川崎市高津区二子3丁目  間取り:1R/20.3㎡・20.6㎡

構造:木造2回建て       築年数:新築

 お陰様で引渡し前にも関わらず多くのお問合せをいただき、無事、満室にてオーナー様にお引き渡しをすることが出来ました。

 春の訪れまで、まだいくらか日があるようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 ストーンズでは、毎年11月にオーナー様をストーンズの畑にご招待して一緒に過ごす収穫祭を開催し、参加して下さったオーナー様にアンケートを書いて頂いております。
 アンケートの中には、私たちの至らなかった点をご指摘頂く事ももちろんありますが、“とても楽しかった”“また来年も参加したい”と書いて下さる方が多く、スタッフの励みになっています。
 近代化が進み、街中で緑を見ることも少なくなってきている昨今、こうして自然に触れる機会があることは、ストーンズに入社して良かったなと改めて感じる部分です。
 今年度も新入社員5名を新たに加え、良いスタートがきれるよう取り組んでおりますので、今年の収穫祭も是非ご期待ください。

自然塾メンバー

神崎 優美