有効活用のコンサルティング 有効活用についてのお問合せはコチラ

最適な有効活用は何なのか‥ やらない方が良いのだろうか‥

オーナー様が高層マンションをご希望であれば、そのご提案をさせていただきます。しかし、それが最適な有効活用であるとは限りません。木造2階建てにした方がコストを抑えられ、収益性が高くなる場合もあります。

オーナー様がアパートの大規模リフォームをご希望の場合も同様です。全体的なコストを考えると、建て替えた方が良い場合もあれば、その不動産にお金を掛けず、売却した方が良い場合もあります。

さらには、何もしない方が良いという結論に至ることもあります。

当社が目指すことは、オーナー様にとって最適な有効活用、その不動産のポテンシャルを最大限に引き出した事業計画をご提案すること、そして、安定した賃貸経営を実現することです。

そのためには、オーナー様のご希望の計画はもちろんのこと、他の計画も比較・検討する必要があります。また、相続対策を考慮しなければならない場合もあります。

事前に比較・検討した事業計画は、数十年後も成功し続ける物件として大きな実績を上げています。

まずはオーナー様と不動産を知ることから

最適な有効活用を検討するにあたっては、有効活用に対する具体的なご要望、目的はもちろんのこと、その考えに至った経緯、家族構成、資産背景など、オーナー様の状況を最初に綿密にヒアリングさせていただきます。

そして、有効活用を検討している不動産について、オーナー様個人では困難な周辺物件の市場調査、入居者意識調査、計画地の建築規制調査などを実施し、どのような建物が建てられるのか、どのような入居者が想定出来るのか、賃貸や売却によってどれぐらいの収益が上がるのかなどを検討します。

オーナー様にとって最適な有効活用、その不動産のポテンシャルを最大限に引き出した事業計画をご提案するためには、オーナー様を知り、不動産を知ることが不可欠です。

25年以上の歴史が培ったノウハウと豊富な人材が在籍

当グループが長い間培ってきた管理・仲介・コンサルティングのノウハウ・経験は、事業計画の作成にあたっては貴重な財産です。

そして、一級建築士、宅地建物取引士はもちろんのこと、ファイナンシャルプランナー、不動産コンサルティング技能士、インテリアコーディネーターなど、様々なスキルを持ったスタッフが在籍しています。

新築・売買・税務などに幅広く通じたコンサルタントが、オーナー様や不動産の特性、市場調査、相続対策などを総合的に検討して、事業計画を作成します。そして、賃貸物件を数々手掛けている建築士が設計図面を作製し、安定経営を実現する事業計画をご提案します。

提案を提案だけに終わらせない

ご提案に納得いただいた場合は、オーナー様のパートナーとして事業の実現化を推進します。

その際のキーワードは「コンペ」。例えば、当社は一級建築士事務所ですが、30社に及ぶ外部設計事務所ともパートナー契約を結んでいます。デザインの画一化・陳腐化を防ぎ、多彩なプランニングを可能にするため、設計事務所コンペを行うこともあります。

他にも、金融機関、建設会社選定でもコンペを行うことによって、オーナー様にとって有利な金利、建築費を引き出すことが可能となります。

オーナー様自ら専門業者と交渉することは大変なことですが、そのノウハウを持った当社が「オーナー様の代理人」としてコンペや交渉を行うことで、有利な条件を提供します。

長期的なコンサルティングパートナー

新築やリフォームを行う場合、建設会社任せにしてしまうと、勝手にやりやすい工事をされたり、安い材料を使われたりしかねません。

そういったことが無いよう、工事期間中は建築士が現場に何度も足を運び、設計図面通りに工事を行っているか、手抜きをしていないかなどをチェックします。

工事完了後も、募集・管理会社として、賃貸経営をサポートしていきます。

その事業で終わるのではなく、数十年に渡るパートナーとして、お付き合いさせていただきます。

有効活用についてのお問合せはコチラ