万全のオーナー様サポート体制! 管理についてのお問合せはコチラ

共用部清掃・建物管理は行き届いていますか?

定期巡回

ストーンズでは月1回の定期巡回を行います。巡回の際には、建物に不備はないか、共用灯切れはないか、などの項目をチェックし、不備があればオーナー様に報告・改善いたします。

定期清掃

ストーンズでは月1回の共用部清掃を基本管理(5%)の範囲内で実施します。
月2回以上の清掃やその他建物メンテナンス業務に関しては、オプションとして別途料金でお受けすることも可能です。

住宅設備関連に不具合があった際、迅速に修理完了できていますか?

ストーンズには、現状回復リフォームや入居者対応でクイックな対応を可能にするメンテナンススタッフがいます。

また、毎月の家賃等の入出金や、クレーム、リフォーム、空室募集活動の内容を書面にて報告いたします。

満室経営に向けた、ストーンズのコンサルティング力

ネットでの募集が主流になった今、物件情報の掲載内容や募集方法は特に重要です。ストーンズでは、過去の情報を分析、フィードバックさせた適切な条件、募集方法をアドバイスいたします。

満室経営の3大ポイント

<アピール力UP>
ネット検索でのアピール力UPのポイントは、図面、写真、PRコメント、第一印象の改善です。まずは、モデルルームで写真にインパクトを持たせ、写真は7点以上。間取り、外観、居室・リビング、キッチン、バスの5カテゴリーの写真が入ると目立ちます。また、物件の特徴をコメント登録したり、動画を登録することも検索数UPの重要な対策となります。

<商品力UP>
デザインリフォーム、設備のリフレッシュ、共用部分の清掃、好印象な内外観など、物件の商品力を上げることは検索数UPの重要な対策です。特に設備の減価償却が終わっている物件などは、資産価値を上げるためにも、また所得税を圧縮する意味でも重要な対策となります。

<適正賃料・条件>
賃料とは、借り手と貸し手の需給バランスで決まります。現在の賃貸マーケットは借り手側に主導権があり、入居者目線を持たない物件は成約に至らないケースも見受けられます。ストーンズでは、常にマーケットニーズを分析、早期入居に向けた適正家賃・条件をご提案させて頂きます。また、物件価値を上げ、キャッシュフローの低下を防ぐ長期的な収益計画を提案。オーナー様の良きパートナーとして常に最善を尽くします。


適正賃料の考え方

賃料とは、借り手と貸し手の需給バランスで決まります。

つまり、入居者目線、オーナー目線の両方の目を持つことが管理会社には求められます。また、ストーンズでは、賃貸事例比較法を用い独自のデータ分析により適正賃料を算定しています。

※賃貸事例比較法とは対象物件周辺の同タイプの物件を調査、それを立地や築年数、設備や仕様などで修正し賃料を算出する方法です。

●入居者目線
現在の賃貸マーケットは、借り手側に主導権があります。ですから、入居者目線を持たない物件は成約に繋がりません。

●オーナー目線
築年数が経過すれば物件価値もそれにつれて下がります。そこで、物件価値を上げキャッシュフローの低下を防ぐ戦略的で長期的な収益計画を立案し、サポートさせていただきます。

管理についてのお問合せはコチラ