ネット時代に対応した空室対策! 管理についてのお問合せはコチラ

ストーンズのABCD分析とは

現在、インターネットで部屋探しをする人の数は、全体の8割を超えています。また、1人の入居者が部屋を決めるまでに訪問する不動産会社の数は、約1.7社といわれています。殆どの人がネット上で比較検討し、お気に入りの物件を絞り込みリアルな店舗に確認に行くという具合です。

ネット時代には、ネット時代に対応した募集をすることが最も重要です。

ネット時代に反響数を上げ、成約につなげるためには、
閲覧データ分析に基づく的確な対策が不可欠です。

ポータルサイトの閲覧データを分析した、ストーンズのABCD分析。1件の成約を得るためには、それに至る「3つのプロセス」があり、「内見・成約に結びつく指標」には一定の法則があるとの結論に至りました。ストーンズでは、このようなデータ分析に基づき各物件をランク分けし、検索状況を週単位で分析することで、それぞれのランクに対する的確な対策を実施しています。


管理についてのお問合せはコチラ