入居率97%の秘密

従来の不動産

一般的な管理会社は自社仲介部門を持っており、手数料売上を計上しなければなりません。自社で管理している物件を自社で入居者付けを行えば、オーナー様と入居者様の双方から手数料が入るため物件情報を他社に流さないのが一般的です。

ストーンズ

自社に仲介部門を持っていない為、幅広く物件情報を展開して、多くの仲介会社様に当社管理物件を仲介していただだく事で、管理物件の高入居率を確保しております。
オーナー様から当社が頂く成約手数料は、成約した仲介会社様に『営業努力の成果』である『営業促進費』としてご提供しています。そうすることで当社管理物件を成約していただくと仲介会社様の手数料収入が増えるという仕組みを作っております。

入居者・オーナー双方にメリットの「フラットS」システム

入居者の敷金・礼金負担はゼロ。
でも、オーナーには敷金・礼金が支払われるシステム。

アパート・マンションが余ってきていて、全国的に空室の数が増加しているのは、皆さんご存知のとおりです。特にこのところよく言われているのが、引越時の敷金・礼金・仲介手数料に代表される初期費用負担が賃貸の入居促進を妨げていると言われています。
それでは、初期費用をすべてゼロにしてしまえばいいのではないかというと、仲介会社の報酬が手数料収入で成立している事や、オーナー様の資金収支を考えると簡単にそうはできないということが考えられます。
そこで、ストーンズではその両方の問題をクリアするシステムを考えました。それが、『フラットS』です。
図で説明すると・・・

オーナー様との賃貸借契約はストーンズ子会社が締結し、入居者様に転貸する形を取ります。入居時費用の内、敷金・礼金・仲介手数料をストーンズ子会社が立替えてオーナー・仲介会社に支払い、入居者は賃料に一定額を上乗せして24ヶ月間支払って頂き、25ヶ月目から通常賃料で入居していただきます。これにより上記のケースの場合、従来の契約なら礼・敷・仲介手数料で¥305,000かかる初期費用がゼロになり、初期費用の低減が可能となり、かつ入居時のオーナー様の収支もこれまでと変わりません。

※『フラットS』利用可能物件は当社管理物件で原状回復費用オーナー負担ゼロ特約をご契約されている物件に限ります。

原状回復工事は解約日より2週間以内で完了

当社では管理物件が解約後2週間以内に原状回復工事を完成するようにしています。こうすることで、より早く室内を内見できるようになり、早期成約にもつながります。また、リフォーム後の最終チェックは当社メンテナンス課スタッフが行いますので、新規の入居者様が入居する際に気持ちよくご入居いただけます。

えらべるくろす

このサービスは当社が提供している『原状回復費用オーナー負担ゼロ特約』をご契約されている管理物件で、かつ単身者用の物件に限定して行われるサービスとなります。賃貸物件では、リフォームの際に入居者がクロスの柄を希望する事はできないのが一般的です。しかし、お部屋の内装にも個性をだしたいという若年層のニーズに応え、『自分の好きなクロスを選べる』ということを空室物件に対する付加価値として、他物件との差別化をはかり、管理物件の空室を減らすことを目的としたサービスです。
選択できるクロスは男性向け・女性向けにそれぞれ15種類、計30種類あります。

賃料回収率は99%です!

下のグラフに示すように、日本における外国人人口は今後もさらに増加することが予想されます。
当社は、外国人のお客様を新しい入居者マーケットと位置づけ、外国人を受け入れる体勢が整っていない管理会社が多い中、外国人専門仲介業者・外国人専門連帯保証会社と提携を組み、入居者増加の促進を図ります。

出展:入国管理局外国人登録者数に関する統計より
出展:独立行政法人日本学生支援機構より

すべての賃貸契約は定期借家契約で行います!

一般的に短期間の契約に使われるのが定期借家契約ですが、ストーンズでは不良入居者を排除出来るので、原則すべての契約(※1)で定期借家契約を利用しています。

365日24時間管理です!

不動産会社の多くは10時開店、18時閉店ですので、お店が閉まったあとの約16時間(1日の3分の2)はお客様からの問い合わせが受けらないというのが一般的です。しかし、ストーンズではそのようなことがないよう365日24時間お客様からの問い合わせを受け付け、対応しています。

関連サイト

ストーンズアフィット

ストーンズアフィット

鷺沼賃貸|溝の口賃貸|不動産情報は「ストーンズ・アフィット」へ

賃貸創造研究所

賃貸創造研究所

綿蜜なマーケット調査に基づいた「勝てる」賃貸経営をご提案します。