連帯保証

当社管理物件では、一部の場合を除き当社によって契約を行った場合、全ての物件についてグループ会社である有限会社ストーンズ信用保証サービスにて連帯保証を行っております。
よって万が一、入居者様が賃料を滞納してしまっても滞納期間に関係なく同社にて連帯保証をいたしますのでオーナー様への入金が滞る事はありません。
また、当社による管理がスタートする前に他社にてご契約があった場合には、連帯保証は有限会社ストーンズ信用保証サービスでない場合がほとんどです。
その場合でも、ストーンズにて6ヶ月間を限度に滞納保証をいたします(滞納保証が出来ない場合もございます)ので、安心して賃貸経営を行うことが可能です。

定期借家契約

日本国内における賃貸借契約の約9割は普通賃貸借契約にて締結されているといわれていますが、当社管理物件では、一部の場合を除き当社によって契約を行った場合、全ての物件において2年間の再契約型定期借家契約にて契約締結しております。
当社が再契約型定期借家契約を標準利用しているのは、普通賃貸借契約がオーナー様にとって不平等な契約形態だからです。
普通賃貸借契約では例えば、賃料を滞納していたり、周囲に迷惑を掛けて注意しても改善が見られない入居者に対して、上記のようなことをした場合は契約を解除する等の内容を両者が合意した契約していても、退去をしてもらうには立退き料を支払って退去させなければならないのが現実です。不良入居者を退去させるのにお金を支払わなくてはならないということ事態、不平等な契約であるということを物語っています。
上記のような不平等を解消できるのが定期借家契約なのです。
定期借家契約は契約期間を満了すればその契約は終了するため、不良入居者でも契約期間が満了となれば、不必要な立退き料を支払うことなく退去させることが可能です。
しかし、この契約を採用すると優良な入居者様でも期間満了になれば契約が終了してしまうこととなります。これでは入居者様に対して不利な契約となってしまいますし、ので、当社ではオーナー様の運営方法についてご了解を得た上で、再契約を前提とする定期借家契約を採用しているのです。
また、一般的には定期借家契約にすると入居者からの人気が下がり、賃料を下げなくてはならないのではないかと思われがちですが、当社では定期借家契約を理由に賃料を下げるというような事はありません。

口座引き落とし

当社では入居者様からの賃料集金について、口座引落をお願いしております。口座引落にしていただければうっかり振込みを忘れた等の『うっかり滞納』がなくなり、賃料回収が非常にスムーズになる為です。また、口座引落にしていただいた場合、引落手数料は当社で負担いたしますので振込の場合に必要になってくる振込手数料の節約にもつながり入居者様にも喜んでいただけます。

入居者火災保険

当社管理物件では、万一の事故に備え、オーナー様の大切な資産である物件を守るため、賃貸借契約書面に火災保険内容を盛り込む包括契約を採用しております。
これにより当社でご契約する物件はすべて自動的に火災保険の適用がなされる仕組みとなっており、オーナー様に安心して賃貸いただけます。

24時間365日サポート

ストーンズでは、24時間365日体制でお客様からのご連絡を受け付け、対応しています。
オーナー様・入居者様の満足度向上のための工夫のひとつです。

アンケート

入居時・再契約(更新)6ヶ月前・退去時・その他不定期に入居者様向けのアンケートを実施しています。
入居者様のお部屋に対するご不満やお困りごとを解消することで、退去の抑制につなげています。

  • 更新6ヶ月前アンケート
  • 不定期に行っているアンケート

関連サイト

ストーンズアフィット

ストーンズアフィット

鷺沼賃貸|溝の口賃貸|不動産情報は「ストーンズ・アフィット」へ

賃貸創造研究所

賃貸創造研究所

綿蜜なマーケット調査に基づいた「勝てる」賃貸経営をご提案します。